TOP 施工要領 メンテナンス(NEWウッドペッカーオフィス)

メンテナンス(NEWウッドペッカーオフィス)

初期メンテナンス

  • 床材の表面を保護するためにも、施工完了後に必ず樹脂ワックスを塗布してください。ワックスを塗布する際には、床下配線に対する影響を考慮して、目地部分からワックスの侵入に充分注意し、以下の方法で行ってください。
    ①ワックスを塗布する前に、表面の砂やホコリをダストモップ等の乾いたモップ、掃除機で取り除いてください。
    (ワックスがけ直前に化学雑巾は使用しないでください。)
    ②市販の樹脂ワックス((株)リンレイ・ハイテクフローリングコートなど)を塗布してください。乾燥は夏季30分、冬季60分程度を目安にしてください。
    ③ワックスを塗布する際は、ワックスを直接床に撒くことを避け、必ずワックス用タンクトレーを使用し、モップ等で、目地に沿って薄くムラなく塗布してください。
    (注)ワックスが目地部分に侵入してしまうと、接着不良の原因や、床下配線へ悪影響を及ぼす恐れがあります。

 

日頃のお手入れ

水拭きを避け、以下の方法で行ってください。

  • 掃除機等でゴミやホコリを取り除き、乾いた雑巾やモップ等で乾拭きをしてください。止むを得ず水拭きする場合には固く絞った雑巾、モップを使用し、その後乾拭きをして完全に乾燥させてください。
  • 上記の方法で落ちない汚れの場合には中性洗剤を薄めたものを使用し、スポンジ、雑巾等に含ませて拭き取りください。その後、乾拭きをして完全に乾燥させてください。

    【推奨ワックス】

      (株)リンレイ コニシ(株)
    オフィス ハイテクフローリングコート 木床専用ワックス
    ワックス職人

 

TOPへ戻る